子供がペット飼いたい!と言い続けた時、犬猫を飼えない親ができること

ひとりっ子の小学生の息子は、つい最近まで「兄弟が欲しい!弟を作って!」を連発していました。それがある体験をきっかけにピタッと止みました。

その体験とは、ホームスティです….笑

兄弟がいると楽しい反面、我慢しないといけない場面もあるという事が身を持って感じられたようです。

その後は、兄弟がに変化していきました。親の事情で犬猫は飼えないので、ペットを飼うことを補う体験は何かな?と考えて体験していることを書きます。

動物園の小動物にさわれる「ふれあいコーナー」

動物園でいろいろな動物を見てまわるのも楽しいのですが、一番のお薦めはふれあいコーナーです。私たちが行く動物園のふれあいコーナーには、ウサギとモルモットがいます。動物にストレスを与えるので、抱っこはできないのですが、ウサギのフワフワの毛をなでなでして子供は大大満足です。

飼いたいペットのぬいぐるみ(抱き枕)

小学生男子がぬいぐるみ!?と思ったのですが、めちゃくちゃ好評です!子供は犬が飼いたいと言い続けてるので、犬型の抱き枕2匹を買いました。

息子はぬいぐるみを弟と妹として、名前をつけて可愛がってます。家で写真を撮る時には、2匹と一緒です。

寝るときは子供が寝室にぬいぐるみを持っていって、抱いて寝てるのですが、子供いわく安心するそうです。朝には、リビングにぬいぐるみを移動させます。

ぬいぐるみの移動を忘れてると、「ペットのお世話してくださーい」と言って、擬似ペット体験してます。

犬猫は飼えないが、トカゲ&昆虫を飼う

小学生の子供は、昆虫と爬虫類も好きなので、犬猫は飼えないけど妥協案として、トカゲを飼うようにしました。

カブトムシやカマキリも以前は飼ってたのですが、名前をつけて可愛がっても短命なので、ペットを飼ってるという感覚にはなりにくい様子。

その点、トカゲは何年も生きるので、今のところペット飼いたい!という気持ちが満たされて可愛がっています。

正直な話し、親は爬虫類・トカゲは苦手だったのですが、鳴かないし、匂わないし、餌は子供が撮ってきた虫かミールワームでいいので楽チンです。

ミールワームも抵抗あったのですが、基本的に餌やりは子供がやるので、冷蔵庫での管理だけは同じ場所に置くなど目を光らせてます。

豆しば、猫、フクロウ、ハリネズミカフェなどの動物カフェ

小学生の子供の犬を飼いたい熱が最高潮だった頃に、ねだられて豆しばカフェへ行きました。結構いいお値段するなーと思いつつ….笑 最近は、猫カフェ、フクロウカフェ、ハリネズミカフェ、そしてカワウソカフェまで発見してしまいました。

たまーに行く時には「ペット飼ってないから、ペットカフェ行けるよー」と言って親子で楽しんでます。

豆柴カフェで、犬を飼ってる気分を味わってます

まとめ

犬猫は飼えないけど、ペットを飼うことを補う体験は?

  • 動物園の小動物にさわれる「ふれあいコーナー」を活用
  • 飼いたいペットのぬいぐるみ(抱き枕がお薦め)
  • 犬猫は飼えないが、トカゲ&昆虫を飼う
  • 豆しば、猫、フクロウ、ハリネズミカフェなど動物カフェ

子供の希望どおり犬が飼えたら一番いいのかも知れませんが、人生は思い通りにいくことばかりではないですもんね。

犬猫を飼うことはできないので、出来ないなりの体験を楽しんでもらいたいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする