釣り体験をさせたい!小学生の子供と初心者の親の釣り体験

小学生の息子に釣りを体験させたいなと思い立った時に、なかなか実行できなかった理由。それは….夫婦共に釣りをしたことがないという問題です。

親が未経験なジャンルは、子供も未経験なまま成長してしまうことが多そうです。今回は釣り未経験の親が何とか子供と釣りをした時の経験を書きたいと思います。

釣り具は最低限必要なものだけにしておくのが鉄板

なぜなら、子供が釣りを好きになって続けるかどうか分からないから…. 笑

釣りに興味が出てきて初めて気づいたのですが、自宅から徒歩15分の所に釣り具屋さんがありました。初心者の子供が釣りをするのに、最低限必要な釣り具を教えてもらいに早速行ってきました。

まず店員さんと話して思ったのが、釣りには専門用語が多くて道具の名前がイマイチ分からないということです。かろうじて知っていたのが、竿(さお)とリール、ルアーくらいでした。

私たちの状況(親も未経験&海釣り)を説明すると店員さんから提案されたのが

  • 子供の分だけ釣り道具を買ってみては?
  • 釣り道具は、セット商品にしてみては?

この2点でした、本来は、竿(さお)、リール等、ひとつひとつ揃える方がお薦めのようでしたが、お試し感覚で今回は子供用のセット商品を買ってみました。

子供用セット商品の中身

  • 釣竿
  • リール
  • 釣り針
  • 重り
  • 浮き

このセットに加えて

  • えさ
  • えさを取り分けるスプーン(自宅にあるもので代用)
  • バケツ(自宅にあるもので代用)

最低限、この道具があれば釣りは可能でした!

糸を竿(さお)に通すのが意外と難関

釣りが趣味の方には想像できないと思うのですが……..竿(さお)に糸を通すのがめちゃくちゃ難しかったです。ミシンに糸をセッティングする時みたいに、慣れていると何てことないと思うのですが。

息子と2人で海辺に座って、スマホで糸の通し方の動画をみながらセットしました。釣糸のセッティングに自信がない方は、自宅で動画をみて予習して出かけることをお薦めします。

その日は「夕飯はお魚かなー」と子供と話してたのですが、結果は何も釣れず、とぼとぼ家に帰りました。

海釣り公園(釣り堀)でリベンジ

釣りってあまり面白くなかったなという印象で終わりたくなかったので、海釣り公園にも行ってみました。こういう公園のいいところは

  • 職員の方から釣り方を教えてもらえる
  • 釣り堀がある
  • 道具を貸してもらえる

この日も一匹も釣れなかった私たちは、公園にある釣り堀でタイを釣って大満足で帰りました。釣り堀はどんなに初心者でも釣れるので楽しいし、道具も貸してもらえます。

子供に感想を聞いたら、海釣りはもういいけど、釣り堀はまた行きたいという感想でした。親も同感、また釣りが体験したくなったら釣り堀に連れて行こうと思います。

海釣り公園は、釣り堀があるので初心者に最適でした

まとめ

必要最低限の釣り道具=子供用セット商品

  • 釣竿
  • リール
  • 釣り針
  • 重り
  • 浮き

このセットに加えて

  • えさ
  • えさを取り分けるスプーン(自宅にあるもので代用)
  • バケツ(自宅にあるもので代用)

釣糸のセッティングが意外と難しい

→自宅で動画をみて予習することをお薦め

初心者には海釣り公園や釣り堀がお薦め

  • 職員の方から釣り方を教えてもらえる
  • 釣り堀がある
  • 道具を貸してもらえる

釣りは向き不向きがあるのかな?何事もやってみないと分からないので、ピンときたらやってみることをお薦めします。釣り堀デビューが難易度が低めです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする